【エデン】近藤史恵

エデン
自転車ロードレースを舞台にしたミステリ【サクリファイス】の続編。
主人公の白石誓ーチカーは、ロードレースの本場ヨーロッパのプロチームに所属。アシストとして活躍しながら、ついにツール・ド・フランスにエントリーする。
憧れの舞台に期待が高まるチカだったが、レース前にとんでもない問題が持ち上がる。
前作と比べてミステリより、レースそのものの展開で読ませてくれる。
レース中の駆け引き、さらにいろいろな人間関係が錯綜して、もう夢中になって読んでしまった。
自分の信念を通したいチカに、もどかしい思いもしたけれど、命がけでスピードを出して、過酷な3000キロを走り抜くことは、とことんナットクしていなければ出来ないんだろう。
続編ということで、あまり期待せずにいたが、スケールも面白さもグレードアップ。
さらに続いていきそうなラストに三作目も期待大。
(2010.10月13日読了)

近藤史恵

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/11/post-1939.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: itchy1976の日記

    近藤史恵『エデン』

    エデン近藤 史恵新潮社このアイテムの詳細を見る
    今回は、近藤史恵『エデン』を紹介します。自転車のロードレーサーにとってはエデンとも言えるツール・ド・フラ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>